生活感は布で隠す!目隠しカーテンの作り方と取り付け方

目隠しカーテンをDIY

片付けても部屋がスッキリ見えない、なんだか雑然とした印象になってしまう。
そんな時には布1枚で劇的改善させましょう!
簡単ですぐできる目隠しカーテンの作り方と取り付け方をご紹介します。

目隠しカーテンの取り付け方

1.突っ張り棒を使う

突っ張り棒

100均で手に入る突っ張り棒。
両端に突っ張る場所があればすぐに設置できて一番簡単な方法です。
写真のカーテンは綿テープを輪っかにして縫い付けましたが、カーテンリングを付けて布を挟むだけの簡単な作りでOK!
100均でカーテンリングや布も売っているので、100均だけでも材料を揃えることができます。

2.ソケットと丸棒を使う

ソケットと丸棒

両端にネジを使える場合は、ソケットを取り付けることもできます。

ソケット

ソケットはホームセンターの塩ビパイプ売り場に置いてありました。
もちろん塩ビパイプを使ってもOKですが、今回はペイントもカットもしやすい木製の丸棒を使いました。

16mmのソケットに15mmの丸棒をはめます。
丸棒は取り付け位置の幅にカットし塗装。

アイアンペイントで塗装

上)ターナーのアイアンペイント(ブラック)で塗装
下)塗装前

木の丸棒が塗るだけでアイアンのようになりました。

アイアンペイントで塗装

塗装が乾いたら取り付けです。
まず、片側だけソケットをねじ止めします。

ソケットを取り付け

カーテンクリップはリング部分が開閉できないタイプなので、先に丸棒に通しておきます。

リングを通す

セリア カーテンクリップ

セリアで売っているリングカーテンクリップを付けました。
(6個入りを2つ買いましたが、そのうちの2個がクリップが固すぎて使えませんでした。当たり外れあるようです。)

反対側のソケットもねじ止めします。
狭い場所には軽いコンパクトドライバーがあると便利です。

ソケットを取り付け

布を付けたら完成です!

目隠しカーテン

3.カーテンレールを使う

カーテンレール

伸縮するカーテンレール。
突っ張りや棒にカーテンリングを取り付けるよりも、レールで動くためカーテンの動きが滑らかです。

カーテンレール

使用しないパーツは取り外すことができます。

カーテンレール

天井や壁に両方向に取り付けが可能。
我が家は賃貸なのでDIYした収納スペースにネジで取り付けています。

カーテンレール取り付け

レールには100均の引っ掛けるタイプのカーテンクリップを使用しています。

目隠しカーテンの作り方とアレンジ方法

カーテン自体は布さえ準備すればOK!
取り付ける場所のサイズに合わせて布を選びます。
カーテンクリップで取り付ける場合は布端の処理をするだけで大丈夫です。

お気に入りの柄の布で作る

Kuovi(クオヴィ) ORCHARD(オーチャード)

玄関の目隠しカーテンはフィンランドKuovi(クオヴィ)社のORCHARD(オーチャード)。
アラビアのパラティッシ柄の布です。

こちらのショップで購入しました▼
生地幅50cmと100cmがあり10cm単位で購入できます。

お気に入りのパラティッシプレート♪
生地幅50cmに21cmのプレートを置いてみると、柄の大きさは少し大きめといったところです。

アラビア パラティッシ

プレートはこちらです▼

北欧柄目隠しカーテン

幅が足りなかったので黒無地の布でサイズ調整しました。
少し値は張りますが、北欧柄の布を使うと目隠しカーテンがインテリアになります。
北欧はマリメッコやキッピスなど可愛い生地がたくさんありますよね。

marimekko(マリメッコ)の布を探す▼

kippis(キッピス)の布を探す▼

装飾してアレンジ

キッズスペースの目隠しカーテン

キッズスペースの秘密基地下の収納部分。
下にポンポンテープを縫い付けました。

ディアウォール収納

大型収納の目隠しカーテン。
ストライプと無地の柄の間にポンポンテープを挟んで縫いました。
付けるだけで可愛くなるポンポン好きです。笑

ディアウォール収納[ディアウォール]で押入れを作る!布団収納スペースをDIY

目隠しカーテンでこんなに変わる!Before→After

子どもスペースのカラフルでごちゃごちゃした感じが一気にスッキリ▼

before

after

秘密基地DIYリビングにキッズスペースを!こどもが喜ぶ秘密基地をDIY

下駄箱上にDIYした靴の収納スペースの目隠し▼

before

after

玄関を開けたらまずお気に入りの柄の布が目に入るので気分が上がります。

【玄関DIY】賃貸の下駄箱に入りきれない靴を収納!ラブリコで棚増設編

まとめ

「見せる収納」は統一感を出すのが大変&収納ボックスなどを揃えるのにお金もかかるけど、目隠しカーテンで「隠す収納」なら誰でも簡単にできる方法だと思います。
ごちゃごちゃ感が気になる部分があったら試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です