家具屋さんの作った[アタラ]のランドセルを1年間使ってみた感想

アタラのランドセルを使ってみた感想

新しい生活が始まる4月。
来年小学校に入学するお子さんはラン活真っ只中の時期ですね。

我が子も4月から小学校2年生になりました。
ランドセルは「アタラ」を使っています。

アタラのランドセルはまだできて新しいこともあり、クチコミやレビューが少ないので、1年使ってみた現在の感想を記事にしたいと思います。

アタラのランドセルとは

アタラのランドセル

アタラのランドセルは、日本の木を使ったこども家具専門店「XYL(キシル)」が作っているランドセルです。
ランドセルのメーカーではないのですが、土屋鞄製造所の技術指導のもと作られているので安心感があります。

我が子のランドセルをアタラにした決め手

1.本革なのに軽い

アタラのランドセル試着

クラリーノなど人工皮革の軽いランドセルが主流ですが、やっぱり本革は捨てがたい。
本革ならではの経年変化は味が出て良いですよね。
でも本革だとやっぱり重い。息子は早生まれちびっ子なので、某ブランドの重厚な本革ランドセルを試しに背負ってみたら固まって動けなくなってました。
本革VS人工皮革で悩んでいたところ、キシルの店舗でアタラのランドセルを持ってみたら驚くほどの軽さ!
イタリア製レザーを使用していて重さは1,250gです。
軽さの理由は無駄なものを削ぎ落としているためというコンセプトにも惹かれました。

アタラのランドセル試着

キシル吉祥寺店でランドセルを試着する当時5歳の息子。
お店も素敵で居心地が良く、ランドセルをじっくり選ぶことができます。

2.半かぶせ&無駄のないオシャレなデザイン

アタラのランドセル錠前部分

ベロ部分がなく半かぶせのランドセルを探していて辿り着いたのがアタラのランドセルでした。
数あるランドセルの中でも半かぶせって個性的であまり見かけないですよね。
アタラのランドセルは半かぶせで鍵前金具が前面に出ていますが、個性が強すぎることもなくシンプルなデザインが素敵です。

3.革に防水加工がされているので、雨に濡れてもシミになったりしない

本革で気になるのは雨に濡れたらダメになってしまうのではという懸念。
アタラのランドセルは皮に防水加工がされていて水を弾くので、革に水分がしみてしまうことがありません。

4.小さく見えるけど大容量

ランドセル中身

店頭で初めて見て思ったのは「小さい!」でした。
他のランドセルに比べて小さく見えるのです。
内ポケットが小さかったり、サイドのベルトがないことで、全体的にコンパクトでスッキリ見えます。
でも、中身の容量はちゃんと確保してあり、マチ幅は13cmもあります。

先述の通り、ちびっ子な息子は大きなランドセルを背負うと背負われている感が半端ないのですが、アタラのランドセルを背負ってみたらとてもしっくりきました。
ランドセルの作りが小さいわけではないので、荷物が多くなる高学年になっても大丈夫ですね。

ランドセルの中身

1年生の持ち物はこの位が多いです。
巾着には給食用のランチマットと歯ブラシ&コップが入ってます。
良く言われる「A4フラットファイル」は、1年生ではほとんど出番がありませんでしたが、もちろん余裕で入ります。
学校指定の連絡袋ははみ出てるけどランドセルを閉めればちゃんと収まってます。
これに体育着や上着、水筒を全部詰め込んで帰ってくる日もあります。

5.色がキレイ

カラーラインナップ

出典:アタラのランドセル -atara produced by xyl

我が子が選んだ色は「ほしぞら」
黒すぎないマットなチャコールグレーです。
今年はカラーのラインナップも増えていました。
どれも他にはないくすみカラーでキレイです。

6.裏地の柄が可愛い

ランドセル裏

蓋を開けた時に見える裏地は、マリメッコなどのテキスタイルデザインをしているデザイナーさんのもの。
自然情景がモチーフの柄は、ランドセルのカラーによって違いますがどれも可愛い!
ランドセルを開けるのが楽しくなる柄です。

7.6年間修理保証付き

大きな傷が付いたり、糸がほつれたり、金具が破損したり…
毎日使うランドセルなので何が起こるか分かりません。
アタラのランドセルはなんと6年間の修理保証が付いています。
修理や部品交換は無料でしてくれるなんてとてもありがたいですね。
修理中はランドセルの貸し出しもしてくれるようです。
壊れないことが一番ですが、万が一のために修理保証があると安心して使えます。

市販のランドセルカバーは使える?

市販のランドセルカバー

アタラのランドセルは半かぶせなのでランドセルカバーがないのが悩みどころでした。
低学年のうちは汚れや傷防止のためにカバーを付けておきたいところ。
今はアタラ専用のランドセルカバーが発売されていますが、買った時にはまだありませんでした。

市販のカバーで半かぶせ対応のものなんてないですよね。
でも大丈夫!
クリアのランドセルカバーの錠前部分をくり抜いてリメイクすれば問題なく使えました。

楽天でこちらのランドセルカバーを購入し、少し手を加えましたよ。


表は錠前部分に油性ペンで型を取ってカッター&ハサミでカット。

ランドセルカバー

裏は余計な部分を切って角に綿テープを縫い付けました。
後から「裏も錠前部分をくり抜けば良かったのでは?」と気づきましたが、もう裏を切ってしまったので検証できてません・・・縁取りテープにかぶってしまうかも・・・

ランドセルカバー裏

これをランドセルの蓋部分に通すように被せます。

ランドセルカバー装着

もともとついていたゴムを背カンに付けます。(そのままだと緩いので2重に巻きつけてます。)

背カン部分

錠前部分も使っていてもあまりズレないので問題なく使えてます。

ランドセル錠前部分

アタラ純正のランドセルカバーは裏地の柄とお揃いで可愛いですが、個人的にはクリアの方がスッキリしていてランドセル本体のデザインを邪魔しないので好きです。

アタラのランドセルカバーラインナップ

出典:アタラのランドセル -atara produced by xyl

公式サイトを確認したところ「お客様のリクエストにお応えして無地「plain」もご用意しました。」とありました。後から追加で無地も発売されていたようです。

純正の方がそのまま使えてお手軽ですが、市販のランドセルカバーなら半額以下の値段なので、リメイクもおすすめです。

アタラのランドセルにないもの。不便じゃないの?

蓋の裏の時間割表入れ

時間割表が付いていない

ランドセルを開けた時に蓋裏や内ポケットについている時間割表。
時間割がいつでも見えるしあれば便利だけど、なければないで全然問題ありません。
支度するときはランドセル置き場の壁に貼ってある時間割表を見るので、不便と感じたことはないです。

サイドのナスカン

サイドのナスカン

ランドセル横

ランドセルの両側についている、引っ掛けるためのナスカン。
アタラのランドセルは右側にしか付いていません。
ランドセルを背負った小学生を見ていると、ここに給食袋など色々なものを引っ掛けて歩いていますが、片側だけあれば十分です。
小学校で登校班用の札を左に付けてくださいと指定がありましたが、ないなら右に付ければ良いし(笑)
ランドセルの両側に色々なものを引っ掛けていると、すれ違いの自転車などに引っ掛かる危険性もあるし、あると子どもは何か引っ掛けたくなるので、元からない方がむしろ良い!と思います。

大容量の内ポケット

内ポケット

サイドのナスカンと同じで、無いなら無いで色々詰め込まないで良いと思うのが内ポケット。
余計なものを詰め込まないので自然と整理整頓できます。
小さな内ポケットなので、いつも入れているのはGPSと予備のマスクくらい。
鍵用のフックにGPSのBoTをくくりつけています。

学校を出たらスマホに通知してくれたり、通った道が分かるBotがあれば、親子ともに安心できます。

▼▼▼我が家で使用しているGPSはこちらです▼▼▼

参考 AI みまもりロボット「GPS BoT」【公式】GPS BoT

充電は1ヶ月に1度位のペースなので、ほぼランドセルに入れっぱなしです。

▼▼▼こちらもオススメ▼▼▼

アプリで位置情報が確認できる見守りGPS。
シンプル設計で安価なGPSはスマホはまだ早い低学年のお子様にぴったりです。



子供見守りGPSサービス「soranome」

 

1年使って気になる汚れや型崩れは?

アタラのランドセル

この記事のためにランドセルを改めて良く見ましたが、劣化はほとんど感じませんでした。
強いていうなら背中に少し服の色移りがあった位。
一番汚れやすい部分はカバーで覆われているし、シミなども見当たらず、型崩れもなし。綺麗な状態をキープできています。

アタラのランドセルはどこで試せる?買える?

アタラのランドセルはキシル直営店と、4月からスタートしている展示会で実物を見ることができます。

参考 展示会のスケジュールはこちらアタラのランドセル

展示会や店舗に行けない方向けにランドセルのレンタルサービス「おためしランドセル」もあるようです。

参考 おためしランドセルについてはこちらアタラのランドセル

我が子のランドセルは、キシル吉祥寺店で試しに背負わせてもらい、GW頃にネットで購入しました。

おまけ:ランドセル置き場の話

アタラのランドセル

ランドセルはDIYした「学習机兼電子ピアノ台」の横にフックを付けて掛ける収納にしています。

ランドセル収納

デスク下の扉収納に教科書を入れているので、蓋を開ければそのまま持ち物をホイホイっと入れられます。

まとめ

アタラのランドセル

親子で一目惚れしたアタラのランドセル。
購入した時はまだ2期目で周りに使っている人もおらず、使用感が分かりませんでした。
小学校に入学してから1年経ちましたが、特に不便・不満もなく、アタラのランドセルにして良かったです!
息子も自分で選んだお気に入りのランドセルなので大切に使ってくれている(?)と思います。

参考 アタラのランドセルatara produced by XYL 参考 にほんの木をつかったこども家具専門店キシルXYL

その他のおすすめランドセル

アタラのランドセルのように、「半かぶせ」で「北欧風デザイン」のランドセルがお好みの方へ。
こちらも候補にいかがでしょうか。

子ども家具・雑貨のお店「こどもと暮らし」のずっとランドセル

子ども用家具や雑貨を扱うオンラインショップ「こどもと暮らし」オリジナルのランドセルです。
素材は「クラリーノ」なので軽くて丈夫。
アタラに比べるとワンポイントの刺繍や裏地のデザインなどがより可愛らしい感じなので女の子ウケしそうです。




▶︎きなこ×こどもと暮らし「ずっとランドセル」 詳細はこちら

インテリアショップ「アクタス」のスクールバッグ

ACTUS×KOKUYOのコラボレーションにより生まれたスクールバッグ。
さすがの洗練されたデザインです。
こちらも素材はクラリーノ(人工皮革)で、ハーフカバータイプは重量:約1,060gと、アタラの本革に比べるとやはり軽いですね。

▶︎アクタスのランドセル 詳細はこちら

勉強机兼電子ピアノ台をDIYリビング学習に!「勉強机」兼「電子ピアノ台」1台2役のデスクをDIY 【KIDS×DIY】遊びも収納も楽しむ!子どものためのDIYまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です